lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

星組 「うたかたの恋」 「ドクトル・ジバゴ」…なにかが違う…

 

 

言いたい放題です…気を悪くされても責任はとれません… 

 

「WESTSIDESTORY」天は赤い河のほとり…とまどかちゃん(星風)寄せの演目選びをするのなら本公演で「うたかたの恋」やろーぜ!と思ってたら出ました

星組「うたかたの恋」……なんでやねん!

 

私のなかでルドルフはまりこさん(麻路)なんだよー(T_T)

あの包容力とマリーが可愛くて仕方ないデレッデレした感じ、真風なら出せると思うんですがー(T_T)

マリーもあやかちゃん(白城)がめちゃくちゃ可愛くて♡

あのきゅるんとした雰囲気をあやかちゃんは演技力だったけどまどかちゃんは自然に出せそう

見た目だけのイメージね…中身どんな子か知らんし(^^;

幕開きの真紅の大階段で「あなたとご一緒なら何処へでも」といって目をパシパシパシッと大きく瞬きするのが乙女な感じで可愛いの~♡

宝塚の娘役以外がやるとあざとすぎて殴りたくなるかもしれないが、あれは宝塚の娘役の正義が勝つ!

可愛いは正義!

それから、お姫様抱っこな!

「お前を清らかなままでおこうとした誓いを…」からの流れは妄想だけで萌える♡

あやかちゃんがまりこさんに負担をかけないようにと飛び乗る感じにしていたら「連れてって!みたいに見えるからやめなさい」と周りに止められたとか…(^^;

可愛いわー♡

芸能界に進まず結婚された時はショックで、あやかちゃんを不幸にしたら中山ヒデちゃんぶっ殺す!と本気で思ってたけど、お幸せそうでなによりです(^^)

 

で、星組ですよ(^^;

ジェンヌさんたちはやれと言われればなんでもやるでしょうが、これはなんか違う感が満載…

紅さんはブラッドフィッシュやろ~

紅子のアドリブ封印する気なのか?

自由にさせるとどこまでも行ってしまいそうに見えるけど、ちゃんと計算してると思うよ…相手が対応出来なくても自分で回収するし

いや…アドリブはどうでもいいねん…

ビジュアルは最高だけど、今の星組ハプスブルク家ではない…

ジャン・サルヴァドルはカイちゃん(七海)…?

あーちゃん(綺咲)がマリーねぇ…あーちゃんねぇ…

「あの方は私を見る為に…3回も行ったり来たりなさったのよ」のあたり、マリーは結構あざといんだけど (^^; これをあざとく見せないのが娘役力の見せどころ…

でも、あーちゃんはシュテファニーの方が似合いそうかな…

だーかーらー!演目は人を見て選ぼうよー!

せっかく私の理想のルドルフがそこに居るのにー(T_T)

 

そして、轟悠主演ドクトル・ジバゴ、、、主演ですか…そうですか…(-""-)

「神家の七人」は面白そうだなぁ…観たいな…と思ったんです

でも、それは専科公演だからで…(^^;

若手の主演のチャンスを減らすのはやめて、そろそろお父さんポジションでの特出にシフトしませんか…?

タカラヅカスペシャルも出ない…もしくは一曲歌うだけ、とかに出来ませんか?

MCで楽しく話を盛り上げるタイプでもないし… (^^;

最近大劇場に出演したのは「The Lost Glory」「パッショネイト宝塚!」でしたが、ショーの時の星組子の「私たちのトップスター柚希さんのショーを盛り上げます!」圧が凄かった

観ながら、そこまでやっていいのか?と思ったくらい…

轟さんから学ばせていただいて~とみんな言うでしょうが、出演しなくても指導はできるかと…

 

スミレコードを堂々ぶっちぎりますけど、イシちゃん(轟)ってゆりちゃん(天海)と同い年でしょ…?

ゆりちゃん今年50歳…それも驚き…

轟悠…中卒71期、天海祐希…高2修了73期、、、あ…誕生日も三日違いだ…

もう主演はいいんじゃないでしょうか…?

声も昔のように出なくなっているし、発声も苦しそう

トップスターになってから20年…トップスターだった時に初舞台を踏んだ生徒がどんどんトップスターになって卒業しています

みっちゃん(北翔)、ちえちゃん(柚希)ともトップスターと初舞台生の学年差があり、今のトップスターは全員イシちゃんが専科に異動してから入団した生徒ばかりになっています

バランスってあると思います…

 

私はどちらも観ないと思いますが…(なら言うなよ…)

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

反省文…遅刻…

 

 

開演時間に遅れてしまった

 

こんな事ははじめてで、自分でもなにが起こったのやら……

梅田に着いたときにやっと「あれ…?」と思った(゚Д゚;)

これって…間に合わへんやん、なんで…?

 

11時公演はよくみているからいつも通りに家を出たつもりだったけれど、

まるっと 一時間 間違えていた…汗

西北経由の方が速いかな…?と思ったけれど、乗換えのことを考えたらあまりかわらないか~といつも通りに宝塚線

焦ると何をやらかすかわからないので、ここはいつも通り!

20mくらい前を走って劇場に駆け込んでいった女の子がいた…元気だ~(^^;

アラフォーはパンプスで花のみちを全力疾走は出来ません…スニーカーなら走るけど

(やめときなさい…)

最近こういうことが増えてきた

まだちょっと早いよねぇ(^^;

あぁヘコむ…

目覚まし時計の設定から間違えているんだから、どうしようもないです…

10分くらい遅れてしまいました(T_T)

 

家を出る直前に不測の事態がおこったり電車が遅れたりすることはあるので、私は遅れてくる方にあまり何も思いませんがお芝居の途中で扉から光が漏れてくると集中力が途切れることは事実…

近くの席で観劇していた皆様、

本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html

色々ありすぎて付いていけないので、花、月、雪、宙…思いつくままに…

 

 

 

 「天は赤い河のほとりのコミックス全28巻を引っ張り出して読み返しているところに鳳凰伝」のポスターやらポーの一族の一部配役が発表され、「NOBUNAGA」「Forever LOVE!!」東京千秋楽は録画したままになってるけど、ちゃんと時間作ってテレビの前で正座して見る感じで挑みたいし…

一年前はタカラヅカニュースを泣きながらリピートしていましたが、改めていま見るとどう感じるのか…それにしても、ショーだけで(サヨナラショーと挨拶込みとは言え)録画時間2時間30分ってなんなん⁉まさお(龍)の自由っぷりが恐くて再生ボタンが押せない…(^^;

琥珀色の雨にぬれて」「 ”D”ramatic S 」のお稽古場映像を見て、DC組にキラキラメンバーを全部取られてめっちゃ渋いのにショーがめっちゃ楽しそうやないかーい!と「琥珀かぁ…」とチケット争奪戦に参戦しなかったことを激しく後悔しながら、それについては明日(もう今日だ)観劇する同僚に思う存分語ってもらいます♡

 

天は赤い河のほとりはいつかやってほしかったものの、読めば読むほど感じる「まどかちゃん(星風)に寄せて作品選んだ感」…それはWEST SIDE STORYも同じ…

真風にはカイルよりザナンザの方が合っているような気がするけど(それは今まだ二番手だからだと思う)言ってほしいセリフが山のようにあるので、脳内でカイル→真風(の声)変換して読むのはめっちゃ楽しい♡

「私は健康だ!」ってとこ、やってほしい♡

…絶対無いだろうけど…ってゆーか、そこかーい(^^;

いくら考えてもわからないんですが、どのエピソードを取り上げてどこをバッサリいくつもりなんでしょうか…小柳女史なので心配はしていませんが、ショーと併演なことに驚きました 

いっそのことタイムスリップの件はバッサリいってもいいと思いますが…あかん?

これだけ漫画原作物を上演するなら、ぜひ小柳さんには(原作に忠実に)「ベルサイユのばら」の脚本・演出をやってほしい!と願っております(^^)

 

鳳凰伝」のこの感じは物語が終わって幕が下りた後の観客には見られないカラフとトゥーランドットですよね…(^^;カラフに寄り添ってはいるものの膝…というか太腿を脇息代わりにしているトゥーランドット

女帝街道まっしぐらですね、ちゃぴ…♡

私はちゃぴはお花様(花總)よりもお芝居もダンスも歌も上手いと思っているので、長く続けることになんの違和感もありません(^^)むしろ12年やってくれてもいい!と思ってます(^^)龍真咲→珠城りょうの変化に対応できるなんて、一路→高嶺→轟(一応)→姿月→和央の変化より激しいと思いませんか?

案の定友の会はお友達になってくれなかったのでまだチケットは手許にないですが、どうにかして手に入れますよ!

 

エドガー・明日海りお、アラン・柚香光

ま、そうでしょうね…ビジュアルは逆のような気もしますけど、エドガーに叱られて拗ねるアラン…は素のれいちゃん(柚香)に近いものが見られそうで楽しみかな…

役者の個性に合わせるとゆきちゃん(仙名)はシーラになるよね…じゃあポーツネル男爵は誰?あきら(瀬戸)?ちなつ(鳳月)?アラン♡→メリーベルの話は出るのか…?(それならメリーベルは華優希ちゃんやな)アランがバンパネラになる少し前にシーラとメリーベルは消滅しますが、そのあたりがどうなるのか…

どこを切り取っていくのかによるけれど、色んな時代の話を並べる「ヴァンパイア・レクイエム」の様式にするのなら一人三役くらいチョロイだろうし、「メリーベルと銀のばら」をやらないとメリーベルバンパネラになるエピソードが入らないし「小鳥の巣」なら娘役は割を食うけど若手男役は役が付きそう(寄宿制の男子校のお話)

小池氏の頭の中を覗き見してみたいですね~(^^)40年の思いの丈が詰まっている作品なので

集合日に脚本は出来上がっているはず!(^^;

 

 

 
 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

ルグリ・ガラ ~ 運命のバレエダンサー ~

 

 

バレエ仲間に誘われて行ってきました♡

オペラ座のエトワールだった頃の踊りは映像でしか見たことがなく、来年ルグリ振付の「海賊」の来日が決まったけれど、実際にルグリが踊るところはぜひ!生で!この目で!見たいので!!

で…分かってたことですが、バレエのチケット高い…

BOX席¥14,000、C席で¥6,000…

宝塚のチケットはお得ですよね…(と、どうしても宝塚につなげてしまうヅカ脳…)

しかも当日までプログラムがふたつあって大阪はAプログラムだと知らなかったという…ちょっとは予習してから行こうか…私たち…(^^;

コンテンポラリーを見るのはちょっと苦手なので(踊れるわけもないが)ところどころもったいないことになっていました(寝てしまったと正直に言え!)が、やっぱりなんでも生で見るのがいいです!

(だってーだってー!舞台が暗いんだもーん…)

 

★「海賊」第3幕よりオダリスク

出演 ニキーシャ・フォゴ、ナターシャ・マイヤー、芝本梨花

★「ライモンダ」第1幕よりアダージョ

出演 ニーナ・ポラコワ、ヤコブ・フェイフェルリック

★「I have been kissed by you…」

出演 エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ

★「…Inside the Labyrinth of Solitude」

出演 ジェロー・ウィリック

ダンスの技術はもちろんですが、5分以上一人で踊り続けていることが凄い!一緒に見ていた友人との感想第一声は「まだ踊るん⁉と思った」…失礼ですかね…(^^;…素晴らしかったです

★「ラ・フィユ・マル・ガルデ」

出演 ナターシャ・マイヤー、デニス・チェリェヴィチコ

最後のリフトで女性を支えきれずに、落としてしまった…受け止めましたが…二階席でも思わず「あっ!」と手が出てしまう…その場で平手打ちとかされたらどうしよう…とハラハラした(バレリーナは気が強そう…という偏見…)まぁ、舞台袖で怒られていると思いますが…(^^;

★「マニフィカト」より

出演 ニーナ・トノリ、ヤコブ・フェイフェルリック

★「じゃじゃ馬馴らし」

出演 オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

★「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」

出演 マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

★「フェアウェル・ワルツ」

出演 イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ

当然、レッスンはしているし鍛えているだろうけれど、衰えてない

女性ダンサーを宝物のように、とても丁寧にあつかう上品なルグリの踊りだーーー(T_T)

オペラグラスで見るよりも肉眼で!と思って持っていかなかったことを激しく後悔しています

コンテンポラリー…裸足かな…?と思ったらポワント履いてた!立つまで判らなかった

クラシックではないので表情がとても豊か♡アップで見たかった!私のバカー

★「ローレンシア」よりパ・ド・シス

出演 ニキーシャ・フォゴ、デニス・チェリェヴィチコ、ナターシャ・マイヤー、

   芝本梨花子、ジェームス・ステファン、ジェロー・ウィリック

★「Medea」

出演 エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ

★「アルルの女」より

出演 イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ

品があるから愛があるように見えるのか…どちらが先かわかりませんが、本当に愛情があるように見えるところが好き

技術のぶつかり合いで喧嘩をしているようにしか見えない男女のダンスもありますよね(^^;

私が一番愛を感じないのは女性をまるで物のように「どやさー!」と放り投げる中国のアイスダンス

★「Movement of the soul」

出演 ニキーシャ・フォゴ

★「Murmuration」より

出演 ニーナ・ポラコワ、ヤコブ・フェイフェルリック、ジェームス・ステファン

★「海賊」第2幕よりアダージョ

出演 マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

★「グラン・パ・クラシック」

出演 オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

圧倒的なテクニック!本当に凄いものを見ると人間って笑うんだ…と思い知らされます!後ろの席の女子二人組は爆笑していました(^^)

ダンサー二人のシンクロ加減が半端でなく、無駄が一切ない美しさ♡

若いダンサーの弾けるようなバレエ、からのルグリの熟練の踊り…の構成も素晴らしかった

★「Moment」

出演 マニュエル・ルグリ  ピアノ 滝澤志野

スッと立って腕を広げているだけで美しい♡そして、ひたすら色っぽい…

王子さまは生まれながらの王子様に、「ドン・キホーテ」のバジルを踊ってもご落胤でしょ?と聞きたくなるルグリの踊りだーーー♡

ついおちょくっていちびった言い方をしてしまう…許して…(^^;

 

バレエだし、年に数回しか着ないワンピースで!と張り切って普段野放し状態の己の足を見てみると……膝が黒い

パンツスタイルばかりなのも考えものですな…

顔に使う用のピーリングをして、垢すりもして、アッ●ノンとか塗ってみたり…いろいろやってたら、ちょっとマシになったものの……膝が…ピリピリする…(^^;

←やりすぎ(馬鹿)

 にわか女子力アップにはくれぐれもご注意ください…

(上品にバレエの話で終わりたかったのに…泣)

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

夏樹れいちゃんが退団…

 

 

あぁあぁあぁあぁ〜〜(T_T)

一体これから先誰の歌を楽しみに星組を観に行けばいいのだ〜(T_T)

落ち着け!まだもう一公演あるぞ!

そこはこっちゃん(礼)やろ…というツッコミは無しでお願いします(T_T)

「ベルリン、わが愛」スルーする? (ま、各公演一回は必ず観るんですけどね…)

いやいや、せおっち(瀬央)見なあかんやろ…とか考えていたら、こんな衝撃の発表がーーー!

いろいろと考えるお年頃だもんね…と冷静に受け止めようと思ってはいるものの、この記事の下書きを2つ書いている上に、一度ほとんど消してしまうくらいには動転しているらしい…(T_T)

 

美弥ちゃんに「目が大きい」と言われていたのは笑いましたが、美しすぎる輪郭と大きな目、主張のある鼻と大きな口…

タカラジェンヌの見本みたいなお顔だな〜♡♡

長いことお写真を眺めていても全く飽きません(^^)

大きな役でも小さな役でも、舞台から物凄い圧を送ってくる夏樹れい氏

いつ歌ウマさんだな〜と認識したのかは…忘れましたが、

太陽王~ル・ロワ・ソレイユ」の時のラ・ヴォワザンの振り切ったド迫力!

「こうもり」では役はあるようなないような感じだったけど、いっぱい歌ってたし(それでいいのか…)

「THE ENTERTAINER!」の中詰の客席降りで至近距離で観たときは、感動したし、

「桜華に舞え」村田新八も抑えたお芝居がかっこよかった♡

「ロマンス」のフィナーレのお歌も素晴らしかった!

「スカピン」のサンシール公爵は貴族の誇りを短いお芝居で表現し、コメディ・フランセーズでは座長の日和見キャラを顔芸全開で演じ、コーラスの中から物凄い圧が!と思えば市民の中に紛れ込んでいたりする…

夏樹れい、恐るべし !

ちえちゃん(柚希)がトップの時はあまり役に恵まれていなかった印象だったけれど、みっちゃん(北翔)がトップになってから目立つところで歌う機会が増えたような…

トップスターの個性に合わせて下級生の役付きが決まっているような気がするのは星組だけで、それもどうかと思いますが、どのタイミングで彼女が退団を決意したのか、気になります…

最後の役が女役…

ジョセフィンベーカーなら見せ場は作ってもらえそうだけど、最後は男役がよかったな…

ショーに期待しています♡プロローグでも中詰でもフィナーレでも、歌いまくってください!

先生方、頼みますよホンマに…

分かってますよね、私たちが見たいもの!

これでショーでも女役で歌ったら私は客席で

泣くか暴れるか、しますので!

 

 

月組に馴染みまくっている月城かなと氏について…と「鳳凰伝」配役

 

 

・安定感と程よいキラキラ

・職人肌のいぶし銀

・四字熟語で言うなら「質実剛健

…私の月組雪組への共通したイメージです(^^)なんかどっちも武士っぽいんだな…

月組雪組の雰囲気は似ているように思うので馴染むとは思っていたけれど、れいこちゃん(月城)がすっかり月組に馴染んで、もはや最初から月組子だったかのよう…

美弥ちゃんの組替えの時も思ったけど、昔から月組って異動してきた人をゆるっと自然に受け入れてなんにも違和感を感じさせないのが凄い!

その点、雪組では組替えで来た人はちょっと浮きますよね…

雪組では若手筆頭!でひとこちゃん(永久輝)とセット扱いだったのに、きっちり三番手扱いで銀橋で歌まで歌ってしまってー!

たまきち(珠城)の壁ドゴォンなんて、れいこちゃんの為の壮大なネタ振り

小池氏、相当れいこちゃんのこと好きやな(^^;

手下を4人連れて歩いてるとか、レイピアで二刀流だとか(3秒で負けるけどな)何処かで見たことのある光景が…

雪組の時は全身から感じる育ちの良さというか、いい人感が邪魔をしてるろうに剣心の時も「ケイレブ・ハント」の時もちょっっっと物足りなさを感じていたのが組替えを機にいい振り切り方をしてくださって(T_T)

なんだか、これからいい方に行く予感しかしません♡

カフェブレイクで美弥ちゃんが

「ずっと同じ組にいると殻を破るのは難しいけれど、これを機会に自分としては信じられないようなことをやってっちゃった方がいいよ」(大意)

って組替え経験者として素晴らしいアドバイスをしていて、それを素直に実践しているれいこちゃんも素晴らしいし強いな…と

分かっていてもできない人の方が多いだろうし、実践できる人は強いな…と思います

…それから、美弥さま…

顔はスタイリッシュだよ」って、逆にどこがスタイリッシュじゃないのか教えて!

 服のセンスですか?(^^;

 

「内輪の話は家でやれ!」と言われそうな95期の思い出話をひたすら聞かされる(^^;

「月がいっぱい 夏の夕涼みスペシャトーク

うちわで自分の膝を叩きながら爆笑するれいこちゃんの可愛さと白目を堪能できる素晴らしい番組でした(^^)

ジェンヌのフリートークが苦手な私がリピートして見るなんて奇跡♡

スカステ様、ありがとう!

月城語録が炸裂です!

吉本新喜劇の話

「なんであんな笑うのかさぁ…」

それを言ったら吉本の存在意義がなくなる…来るぞ来るぞ…来たー!って笑いやんか!ベルナルドの笑いは吉本新喜劇やで!れいこちゃん…

神戸の中華街の話

「すんごい楽しみにしてたの…神戸の中華街行くの…で、行ったらさ、あれ?終わったって…笑」

神戸が地元のまゆぽん(輝月)が「終わり見えてます」「中華十字路」て言ってるからいいけどさ…怒られるよ(^^;

まゆぽんの関西弁が意外な感じでかわいい♡

運転上手なのは?の話

運転免許を持ってないと言うふうちゃん(妃海)に、「だろうね…笑」

…どーゆう意味でしょうか…(^^; 

マイティー(水美)の話(ホントは、よく笑う人は誰?の話)

・弟キャラだったマイティーがカッコつけてるのが笑える

・どんどん体格ばっかりが(大きくなって…)←結構、3人共酷い…

輝月 「観た?花組公演」

妃海 「まだ観てない」

月城 「観た方がいいよ、笑うよ」←酷い…

客席大爆笑 ←拍手までもらっちゃって…(^^;

輝月 「凄い…凄いんだけど…」

月城 「凄すぎて笑うよ」←本当に酷い…

妃海 「え、どうしよう…行った方がいいかな」

輝月 「行ってください」

月城 「行ってください」

妃海 「うん、わかった」

この日一番の大爆笑をかっさらった月城かなと様…(^^;

同期って容赦ない…愛しかないんだけどね…ふうちゃんが若干困ってるやん

司会で緊張気味だけどマシンガントークのふうちゃん

最後で電池切れしたまゆぽん←可愛かった♡

れいこちゃんはゆったりわが道を行く…

あー面白かった!

ミステリアスなイメージなんて崩壊し、神秘のベールも剥がれ落ちたわ(^^;

これまでれいこちゃんを見たことがなかった月組ファンを「その見た目でそんな緩いん⁉︎」と一気に虜にしたはず(^^)

まさお(龍)がトップの時の組替えでなくてよかったね、れいこちゃん♡

 

 

鳳凰伝」の配役出ましたね♡

れいこちゃんがバラク!やったー!

嬉しいです!ありがとうございます!楽しみです!

全力でチケットと休みゲットします!

その他、思いつくままに…

・ティムール王 箙かおる

カラフのパパ…チャルさんがこの役なのは出演が決まった時点で分かりました(^^)

・中国皇帝 輝月ゆうま

トゥーランドットのパパ…そうか…まゆぽん、こっちか…そうだよな…

・タン 紫門ゆりや

・トン 千海華蘭

バラクの手下…豪華やな…豪華というか、使い方が贅沢というか…(^^;

・タマル  海乃美月

彩乃かなみちゃんがべらぼうに可愛かったのー♡海ちゃんはタイプ違うけど…いいと思う!

・首斬り役人/鞭打ち役人 朝霧真

お顔をはっきり認識したのは今回の「All for One」…遅い!インパクトのある役なので楽しみです♡

・アデルマ 麗泉里

 哀れさを感じさせてほしい…失敗すると舞台クラッシャーになる可能性が…ある…よね…

 

 「New Wave!-雪-」も見たいけど~…今日は…寝る!

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

「All for One」 感想② 魅力的過ぎて目が足りない…その他キャスト

 

 

火が付くと止められない!行ってきました、4回目ー!

前回がS席だったので、それより後方で記憶が上書きされるのは悲しいな…と思っていたら、まさかのSS!!(の一番後ろ…)

いつぶりのことでしょうか(T_T)

信じるものは救われる!金はかかるけど…(なんのこっちゃ…)

 

 

 

ベルナルド 月城かなと

壁を求めて大暴れしているれいこちゃん(^^)可愛すぎる♡

ええぞーもっとやれー!

月組には馴染むだろうと思っていたけど、こんなにすんなりとなんの違和感もなく馴染むとは…

真面目にやりすぎると鼻持ちならないのはベルナルドになってしまうので、あのくらいズレまくったキャラクターに作ってきたのは大正解♡

台本遅かったらしいし、この本ってどこまで小池氏が書いたんやろ…とか思ってしまいましたがね…

壁ネタ自体はちょっとしつこい感じもありましたが…

雪の子らしく立ち回りはうまいのでたまきち(珠城)との対決は迫力がありました

 

モンパンシェ公爵夫人 沙央くらま

ラスボス的な役なのかと思っていたら、

「だ~れが待ってるってー!」

テッテレー!!!

もぉ〜〜コマさん、好き!

やり過ぎないギリギリのところがわかる役者って好き~♡

あ、ちょっとはみ出してるかも…

SS席からオペラを使ってガン見したのはモンパンシェの谷間!…なに見てんだか…(^^;

いったいどうなっているのか、気にならない人はいないでしょうが…

 

リュリ 佳城 葵

面白い、いい芝居しますよね

ちょこまか動いて、可愛い声で♡

太鼓持ちみたいな役を上手くできる人には注目してしまいます

こんな芝居ができる人ってどうして月組雪組でしか育たないんでしょうか…

 

ジョルジュ 風間柚乃

観客を注目させたい若手の抜擢にふさわしいお役(^^)

初日あけて一週間、その一週間後、その十日後、とお芝居がどんどん上手くなっていくのが見ていて楽しい

最初は覚えた台詞を必死に言ってるだけだったのが、周りの芝居の中に馴染んでいってた

月組の子らしく細かいお芝居は好きそう

ただ、場面が終わって袖に引っ込むときにテケテケ歩いているのが完全に女の子(^^;

自然に男役に見える、とかなにやっても男!ってなるのはどんなにお稽古頑張ってもダメで、経験なんだな~としみじみ…がんばれ!おだちん!

 

フィナーレで鬘を外して出てきたら、どれが誰だか…髪の色も変わるのでナチュラルにみやちゃん(美弥)ととしちゃん(宇月)を見失う←髭もなくなるし…

娘役のベージュに黒ラインが入ったあの衣装はかっこいいとダサいの境界線上にいるよなー…そこ攻めなくていいのに

裸にタトゥーが入ってるように見える←言い方が見つからなくてねー…(^^;

男役のワインカラーの衣装も微妙で、あの燕尾もどきのレース、いらなくね?

レースなので布の動きが軽すぎて…(T_T)

付けるならもうちょっと長くするか、いっそ外そう!

デュエットダンスは二人の安定の筋肉を満喫♡

床でクルッ!スン!(わかる?)の振りは4回観たけど、全くぶれないのが凄い!

派手なリフトもできるけど、そっちじゃなくて地味に難しい振りをきっちりこなす安定感が好きです♡