lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

「Santé‼」 楽しかった花組オマージュのショー…でも言いたいことは一杯

 

 

みりおさん(明日海)のお誕生日ということでファンクラブの人達は大勢観ているし(盛り上がってましたね…←他人事…)アドリブもあって楽しかったです

「ハッピーバースデー♡」と祝われて「粋なことを…涙が出ちゃう…♡」と喜んではりました(^^)

めっちゃ可愛い♡ちょっと得した気分(^-^)

 

幕開きから男役の女装(^^)

嫌いではないですが、今回大安売り過ぎませんか?3場面も女装があると、もう秘密兵器になってない(^^;

今回のショーは好きですが、なんか違う感もあります…

みりおの女装はいりません!動き辛そうな衣装でチョコチョコ歩いて歌って引っ込むだけでは不完全燃焼…(私が)

客席降りも基本的にはいりません!お客様参加型はもっといりません!

二階席だったので置いてきぼりは最初から確定ですが、降りるなら中詰にラテンでオラオラしてくれる方が盛り上がるような気が…

 

みりおがすっかり花組の男役になっていて驚きました

本当はオラオラしたいしそんな男役が好きなんだろうけど、これまで振り切れていなかったところが無くなって徹底的にキザッてる感じが爽快だった♡

全体を通してみりおが楽しそうだったので、観ていて幸せでした(もうちょっと太ってほしいですが…)

無理にリフトをする必要もないし、ポーズだけでカッコよく見せられるのはヤンさん(安寿ミラ)の振付を見れば一目瞭然!

ヤンさんは男役の魅せ方を心得ているので無駄な振りが無くてカッコイイ♡ヤンさんが踊ったら一番素敵に見えるんだろうな~♡(それを言ったらおしまいか…笑)

最後のポーズでみりおだけ角度を変えるとか、もう天才!

 

エディット・ピアフが恋人を飛行機事故で亡くした…というエピソードは知ってたので話には付いていきましたが、あれではマギーさん(星条)が店から飛び出した瞬間に車にはねられたみたい…(^^;

お歌は圧巻だったし素敵な場面でしたが、2人の存在感があり過ぎて…ねぇ…

専科の役割に徹するのはダメなんですか?ソムリエとソムリエールだけでも充分見せ場を作ることは出来ると思いますが…

圭子姐さん(美穂)の回想の設定にして、若いピアフは花娘に譲ってマギーと恋人同士で…とかさー!←べーちゃん(桜咲)にやらせたげてー!

この2人に役が回ることで組子の出番が減り、男役の女装で娘役の出番が削られるのは、なんか違うような気がするんですよね…

圭子姐さんの歌は確かに上手いですが何を歌っても同じ印象なのと声が苦手なので、ここぞ!というところで一曲だけにしていただきたい

インパクトがある分使いすぎると危険だと思います

 

フィナーレの「乾杯」から「酒とバラの日々」の流れは90年代後半から2000年代初めの頃の花組へのオマージュ

「乾杯」は曲はそんなに好きではないですが(^^;黒燕尾で銀橋にザッと並ぶのは圧巻だったし、ちょっと泣きそうになりました

酒とバラの日々」は真矢みきさんがよく(?)歌っていた印象が…

 

好きなショーと言いながら結構な辛口になってしまいました…(^^;

舞台は生が一番なのは当然ですが、そう何度もリピートできるわけではないし消え物なので公演が終われば映像で繰り返し見るしかないわけで…

その時に飛ばさずに最後まで見てしまった~とか、数年後にまた見たくなるのも傑作ショーの条件だと思うんですよね…

お芝居よりもショー重視なのでお芝居が残念な仕上がりなのはあまり気にならないのですが、ショーは全場面大好き!な作品を求めてしまうのでハードルが高くなりますわ(^^;←いくらなんでもそれは厳しい…とは思う…

 

プロローグでマイティー(水美)がコケました…

歌い継ぎで銀橋に走りこんできて、華麗なスライディングで銀橋に座ってお客さんを釣るのか?と思ったけど違った…

(そりゃそうだろうよ…)

演出かと思ったくらい、めっちゃ綺麗なスライディングでした♡(それ♡でいいのか?)

マイティー、立ち上がる時は四つん這いになって笑ってた…可愛いから客席も笑ってたけど…

隣にいるあきら先輩(瀬戸)とちなつ先輩(鳳月)は…真顔……(^^;(プロですから当たり前)

銀橋でコケた人を見たのは初めてかも…これもちょっと得した気分♡ごめんね、マイティー(^^;

怪我はなかったようで安心しました

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

「邪馬台国の風」 最終着地点がこうなったのはなぜ?

 

 

駄作駄作と言われているのでなかなか劇場に足が向かず、どんなものかと思っていたけれど珍作駄作のなかではまだまだ…もっと凄いのがあったさ……(遠い目)

開演20分前に当日B席が残っているなんて見たことがないので驚きましたが、しかしこれをリピートするのはキツイと言わざるを得ない

 

「舞台がずっと暗い」(暗転のことではなく)

「グスタフ以来の眠気…」わぉ!

「寝た、記憶が無い」ご愁傷様です…

「目が覚めたら自分の膝を見ていた…」お疲れ様でした…

「既視感あり過ぎ…」←【金色の砂漠】の設定に激似

雪組(幕末)の後にこれは残念すぎる…」確かに落差あり過ぎ…

と観劇した友人知人から色々聞いていたので、どんなもんかいな…と不安でした

暗転はとにかく多い!多すぎる!開演アナウンスで ”20場” と聞いたときに場面転換が全部暗転だったらどうしよう…と思った不安が見事に的中(-"-)

暗転20回あったんちゃう…?…20場も場面があるのも多すぎるが…

途中から面白くなってきて、「暗転するか⁉するか⁉…したー!」と内心ケラケラ笑いながら観ていました

 

邪馬台国の話をやると発表された時は、おっ、とうとうやるか!と期待したのに…

せっかくいい題材なのに、料理の仕方が下手過ぎる(T_T)

 

とりあえず、台本に手を入れる前に 

まずセリを動かして盆を回そうか…

セリは「台」ではない

使い方を明らかに間違っているぞ! 

あれだけの舞台機構を全く使わないとは…宝の持ち腐れにも程がある!

銀橋の付け根のすっぽんセリはショーも含めて一回も動かなかったような…

(記憶違いだったらスイマセン)

 

致命的なのは2人の出会いが運命的なものだということが全く伝わってこないところ

タケヒコ(明日海)は子供の頃から夢の中で「私たちは遠い昔に出逢い、もう一度めぐり逢うと誓った」というマナ(仙名)の声を聞いていて、出会った時にタケヒコはこの人は!(♡も含めて)と思うけれど、マナはもっと神懸って人間離れしているのでそうでもないとか~

卑弥呼にはもっとカリスマ性のあるイメージを持っているので)

そこからどんな風に話を膨らませるかは演出家に丸投げしますが…(^^;

恋愛要素が(主演二人は頑張っているものの)薄いので、神話的な要素を増やし、その上で人間愛的な物語にしてしまった方が秀作になったかも…

 

タケヒコがマナに呼びかけるときは「ヒミコ」と言わずマナに統一した方がしっくりくるので、そこだけでも変えてほしい!

印象に残る音楽が無かったのも残念!

作文にメロディーを付けました感が拭えない

ベルばら方式で子役と入れ替わると聞いていたので、あの薄っぺらい木のどこから出てくるんだろ~と思っていたら、そこから出てくるんかい!笑←見逃した…泣

狗奴国はもっと単純明快な悪役集団にしたほうがいいのかな~?

世界征服のために幼稚園児を誘拐するショッカー並みに馬鹿なほうが潔くていいかもよ…

それから、敵討ちはきちんとやらせてあげる方がいいと思います…

観客もスッキリするので…

 

あ~ぁ…けちょんけちょんですね…

組子はみんな頑張っていましたが、そこに頼るのは絶対に駄目です!

観ているのが辛い場面が結構ある

ショーは良かったのでもう一回と思わなくもないけれど、もれなく【邪馬台国の風】が付いてくる!と思うと…一回でいいかな…

色々と書きましたが、根底では宝塚歌劇の標準的な公演は突っ込みどころ満載な作品がほとんどだ!とも思っているので、驚きも怒りもあまり無いんですけどね…(^^;

期待していただけに残念でした…

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

「Dramatic ”S”」 さりげなくサラッと秀作ショー

 

 

お芝居の顔芸担当トップスター

ショーの顔芸担当2番手…って雪組なんなん!楽し過ぎる(*^^*)

顔芸まとめて来られたら受け止めきれないから分けてくれてよかった なんのこっちゃ… 

 

安定の雪組のショーと思ってみてたけど、回数を重ねるほどジワジワくる

ちぎちゃんのショーの中で一番好き!

なんでかな~安定の雪組らしいショーなのに~と思って戯れに演出を調べたら 

「ファンシーガイ」 三木章雄

「La Esmeralda」 斎藤吉正

「Greatest HITS」 稲葉太地

「Dramatic”S”」 中村一徳 

あ~…B先生か…なるほど好きだわ…

一か八かみたいな目新しいことはしないけど一応緩急はあって、出演者が死ぬ寸前まで踊らされる安定のB先生のショーだわ

 

プロローグ

よく事故にならないな、と思うくらいによく踊る

全員が銀橋を駆け抜けていくところでだいもんがこっそり外されていたのはプププと笑ったが、これ…だいもんが主演のときはどーするの?

原型無いくらいになるのかな…

Song&Dance

初見の感想は凄い!とかカッコイイ!じゃなくて「しんどそう…」

いや、めちゃめちゃカッコイイんですけどね…あんな風に人間の身体って動くんだな〜

ホンマにジェンヌって丈夫を通り越して頑丈にできてないと務まらないなと思いました

チギちゃんもほっそいけど脚は結構しっかりしてる (グラフ6月号参照)

サプール 

ここはだいもんときいちゃんが歌で魅せる耳が幸せな場面

トップコンビになったら…♡と妄想が膨らみまくる

サンライズ

月組の「Rhapsodic Moon」に音楽はそっくりやわ衣装は「Dance Romanesque」そのままやわ…

どっかで見たことある~となるのは仕方ないけど、ニヤニヤ笑ってまう~

’S wondeful

ひとこって、「見たことのない水辺の生き物」みたいな衣装を着せられてもキラキラしてる…スゲーわ…

どこにいても「俺を見ろ!」のオーラはばんばん出てるし♡

今年の初舞台生はホントに運動神経のいい子が揃っている

振付がアクロバティック過ぎてちょっとハラハラしたけど(^^;

89期とか95期みたいな無敵艦隊なのかな~楽しみ♡

Snow Troupe・絆 

チギちゃんが組子みんなに向かって「来い!」みたいに指でチョイチョイッと煽るところ(解る?伝われ〜)

なんだかグッと来た(T_T) 愛される人だな~

トップになった頃はこんなに愛されるトップになるとは思わなかった

ビジュアル先行で、お歌はあんなだったし、お芝居もそんなに見たことがなかったので…

退団発表で体力と精神力が続くならずっと男役をやっていたい、と言っていたのを聞いて泣き、千秋楽の会見で泣いたのを見てまた泣き…(T_T)

これが、東京の千秋楽では清々しい笑顔で終わったりするから、こっちは余計に泣かされるんですが…

フィナーレA

可愛いしか出てこない~♡可愛いな~♡なんで娘役ってこんなに可愛いんやろ…←おっさん…(^^;

フィナーレB

黒燕尾は厳粛さを感じられる方が好きなので、今回はどストライク!

大階段で板付きしているシルエットだけでゾクゾクする♡ チョロイやつ…

二階席の目線が同じくらいの位置から見るだいもんの横顔は芸術ですな…

フィナーレC

終わりかな…と思わせてまだまだ続く

がおたん大活躍で嬉しい♡なんで辞めるかな…ホンマに辞めるのやめてー泣

フィナーレD

デュエットダンスでみゆちゃんの衣装がクラシカルな白だったことに感動♡

なんか変な似合わない衣装ばっかり着せられてたけど、最後に【ザ・娘役】の衣装で良かった♡

せり上がってくるみゆちゃんの美しいこと♡

ここでだいもんを影ソロにしたことが流石!歌が素晴らしいのは当然♡その声からだいもんが幸せそうに歌っていることが伝わってくることで泣ける! 

 

DVD購入決定!悩む余地無し!

NHKの収録が入っていたという話も聞いたので、放送を楽しみにしております♡

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

 

 

「幕末太陽傳」 ホントに雪組ハズレなしです…

 

 

面白かったー!

 

これは予習無しで観たほうが絶対に面白いはず!となんの予備知識もなく観てみたら、どれが誰だか全くわからない(^^;←小顔すぎるジェンヌ+青天(大人数)=個体識別不可

せめて配役と大まかな話の流れくらいは頭に入れておくべきでした

ちぎちゃんの顔芸から目を離せないでいたら、周りで色んな人が色んなことをしていて目が足らん

歌劇を観るのに心眼が必要とは知らんかった…修行が足らんわ…

 

佐平次 早霧せいな

ちぎちゃんが佐平次だったからこの作品は面白くなったんだと思う

ほかの人には出来ない!とまでは思わないけれど、全然違う作品になりそう

トップスターをつかまえて不安もないけれど、安心して物語に身をゆだねられるのは良いですね(^-^)

佐平次がちぎちゃんなのか、ちぎちゃんが佐平次なのか…

深刻な事件が起こるわけではないけれど、佐平次がなんとかしてくれるんだろうと思いながら、自分が物語の中に入ったように楽しめました

 

女郎おそめ 咲妃みゆ

ゆうみちゃんは何をやっても上手いなぁ…

時代考証や衣装についてのお勉強は当然しているだろうけれど感覚的なものなのか、役の本質を掴む天才だと思う

千秋楽の映像で佐平次に起請文を頼むやりとり(ほっぺを突かれて「あ痛っ!」と反応したところ)を見て、おそめの反応だぁ…と感動した♡

普段のぽわんとした様子からは想像できない反応の的確さ(早く喋れるんや…というレベルから)

ナウオンで起請文のくだりの暗転の話を聞きながら「大好きです♡…大好きです♡」とキャピってるみゆちゃんの、まぁ可愛いこと♡♡映ってないけど、声だけで可愛い♡

 

高杉晋作 望海風斗

特別な見せ場があるわけではなく、物足りなさは否めまへん…だいもんの無駄使いや"(-""-)"

サヨナラ感が少ない中でもちぎちゃんとの場面もあり…まぁ、良しとするか(何様?)

代表作って二番手の時に巡ってくる確率が高いのに、その面でだいもんは不運かな~

力技でねじ伏せる事も出来るし何でもそつなくこなすので、妙な役が回ってくる…

トップになって素晴らしい巡り合わせがあることを祈るばかり…好き勝手に楽しんでやってほしいと思います

 

徳三郎 彩風咲奈

可愛すぎか!この人ホントに「るろ剣」で斎藤一をやってた人ですか⁉

ガッシリと補正をしていない長身でひょろっとした着物姿がヘタレ感増し増しで、も~若旦那、好き~♡

あほぼん咲奈、最高です

 

久坂玄瑞 彩凪翔

見せ場があるような無いような…長州組はみんなそうか…

扱いとしては、なんだかなという感じ

 

金造 鳳翔大

大ちゃん、退団でこの酷い扱い…笑

キャラクター設定も謎で金造がどうゲスなのか、よくわかんなかったんですけど…

あんまりと言えばあんまりだけど、説明台詞で殺されたケイレブの時よりだいぶいいか…

安定の鳳翔大で、最後まで上手くならなかったな…この人は…でも色々ひっくるめて、

「まぁ、、、いいんじゃないかねぇ…大ちゃんなら」 ←最大限褒めてます

…とか書いてたら、なんですか⁉あの千秋楽のご挨拶…しっかり泣かされました(T_T)でも書き直せへんで! 

 

鬼島又兵衛 香綾しずる

がおたん、好きやわーあの弾けっぷりが最高に好きー!辞めるのやめてー!泣

 

清七 永久輝せあ

こっちのあほぼんも徳三郎に負けず可愛い♡

なんやかんやでまりんさんおとっつぁんと仲良しだし、しかも日を追うごとにどんどん仲良くなっていく…笑

千躰荒神祭りの場面はがおたんとひとこを追いかけて終わった

 

「長州男児の心意気」最初観た時は高杉さんしかまともに歌っていなくて、バッラバラのグッダグダでこいつら…(-"-)と思ったけど、良くなっていきました

最初観たのも初日から10日くらいは経ってたんですけどね…

日を追うごとに纏まっていったところもコメディの醍醐味ってことでしょうか

 

あと、忘れてはいけないのは

おくまの舞咲りんさん、上手すぎて宝塚からはみ出してます(^^;

こはるの星乃あんりちゃん、女っぷりが上がりました(T_T)

おひさの真彩希帆ちゃん、なにやってもひたすら可愛い♡♡♡

けど、おとっつあんの道具箱をガッと持ち上げる、なかなかの馬鹿力(^^;若旦那をしっかり尻に敷きそう…

 

ちぎちゃんも辞めちゃうのねぇ、一回くらい観とかないとねぇ、ま、1回でいいかな~くらいに思っていたのに、面白すぎて火がついて結局3回…(^^;

でも3回観たら気が済みました♡

お披露目からヒット連発で、二番手の頃はこんなトップスターになるとは全く思わなかった

作品に恵まれたというのはあるけれど、どんな役が来ても魅力的に作り上げるのはさすが(これは日本物が多いとか、原作物が多いとか、脚本がどうこう、とは別の話)

ちぎちゃんファンのHさんが「また日本物……町人…武士じゃないんだ…サヨナラ公演で青天……」 とずっとブツブツ言ってましたが、面白かったからいいじゃないか!

(締め方が雑…)

 

配役も神だったので、また役者が揃ったときに再演してほしいと思います 

 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html

 

早花まこ嬢の組レポの重み

  

 

ここ2ヶ月ほど「歌劇」を購入していません…

6月号も買わないと思います…

トップスターのサヨナラ特集は絶対に購入するので7月号は買いますが…

 

友の会はチケットを申し込むのみで定期購読にしていないし、

置く場所がないので最近は2年くらいで処分しているし、若いころのように覚えるほど熟読しないし… 最近は読んだことを覚えていなかったりする…(-"-)…それはさておき…

以前に比べて内容が薄いように感じるし、「グラフ」のほうが見てて楽しいからこっちだけでいいかなぁ…と…(^^;

あまりのチケットの当たらなさ具合に定期購読にしておくべきかとも思ったが、負けてたまるか!(何にだ?)

 

ただ…

やっぱり今からでも買おうかな…と悩ませるのは

早花まこ嬢の「組レポ」

公演の情報を得るための「座談会」でもなく「えと文」でも「楽屋日記」でもなく

きゃびい大先生の「組レポ」

きゃびい嬢の「組レポ」には2ヶ月以上グズグズ悩ませる価値と重みがあります

 

いまのところ当たり前に立ち読みしていますが(こらこら)

あのスペースにあれだけの情報を簡潔に詰め込み、笑わせる(^ ^)

ホントに言葉選びの天才ですね、あの方は!

 

どうしてこれまでの「組レポ」全部切り取って置いておかなかったのか…

本気で悔やんでます!

いつか一冊の本にしてくれないかと本気で思っています!

 

好きなのは、壮さんとティラノサウルスの話と早霧さんと望海さんの足袋カバーの話

他にもいっぱいあるけど、ホンマに電車の中で読まれへん…

阪急電車ならいざ知らず、近鉄電車の中でも結構普通に読む奴…)

 

そんなこんなで「グラフ」を買い、「歌劇」は立ち読みでやり過ごしていたら

組本(これは買った)のなかできゃびい大先生が純文学の小説を執筆しているとおっしゃっているではないですか!

 

歌劇団さま!

出版しましょう!

小説と一緒にエッセイ集として、「組レポ」も出版しましょう!

是非!

 

 

  http://www.blogmura.com/ranking.html

北翔海莉 1st ALL JAPAN TOUR 2017 Alrai~エルライ~

 

 

平日の昼公演だからか、客席の平均年齢高い~(^^;

それとも、いつもこんな感じ…?

みっちゃん、頑張って盛り上げようとするのに客席が静かで微動だにせず…

「みちこのズンドコ」は盛り上がりましたが… 

 

【第一部:HOKUSHO魂】は全体的に手作り感は否めません

凄くレベルの高いダンスの発表会みたい

←ディスっているのではなく見たままの印象です

 

宝塚って物理的な劇場の大きさもあるけれど、

色んな魔法のかけられた夢の空間なんだな…と思い知らされた感じでした…

 

卒業した途端に興味を無くすのであまりOGの舞台は見ないのですが、単純にみっちゃんの歌を聞きたいと思って行ってきました

あんなにかっこよかったあの人が、女になろうと頑張ってオカマになっているのを見るのがつらいから基本的に見ない…のですが(^^;

無理に女になろうとせずに、ほぼ男役でのパフォーマンス

音域は広いので、高音から低音まで自由自在

燕尾は着るし、キラキラのタキシードは着るし、槍や刀は振り回すし…

「桜華に舞え」の40人切りで6個に割れたという腹筋、どこかで披露してくれないでしょうか…

 

【第二幕:ドラマチックコンサート】

・桃色吐息

・百万本のバラ

・ラヴ・イズ・オーヴァー

・思いがかさなるその前に…

・花

ラブストーリーは突然に

いい日旅立ち

・熱視線

天城越え

浪漫飛行

・みちこのズンドコ

 

 やっぱりみっちゃんは凄い!「天城越え」は絶品でした♡

今回はいちびりの方向に振り切れてしまったみっちゃん

トップになった時に遠慮がなくなった様に、本当の本気の実力を見せつけて欲しかったので、そこがちょっと不満かな…

組子や専科の立場だとトップスターを立てないといけないので、トップになってリミッターを外したみっちゃんは見ていて爽快だった

宝塚のリミッターが外れて、純粋に「北翔海莉」というパフォーマーになったみっちゃんは男とか女とか男役とか女優とかではなく、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるはず♡

まだ男役を見たいファンもいるだろうから、もうちょっとかかるかな…

 

十数年後に「北翔海莉って元宝塚なの?」と言われていてほしいな〜

名前がいかにも宝塚だからそれは無理か…?

 

明日(もう今日だ)はあべのキューズモールのHMVでイベントだそうで…

マジか⁉いつもウロウロしているあたりにみっちゃんが来る⁉

「大阪には梅田じゃなくて阿倍野っていうところがあって…」

通天閣の近くですよね…?」

と自分がどこに連れていかれるのかわかっていないみっちゃん…笑

通天閣の近くは正解なので大きめに拍手してきましたが、「紅ゆずるさんの地元やでー!」と叫ぶ勇気はおいらにはありませんでした…

仕事じゃなければ行ったのになー!くそー!

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

アルマンとマリー 愛されて女性は美しくなるのですね‥

 

 

初演と再演に比べてアルマンがかなりキャラ変していて、笑いました

←笑ったんかい!

白や水色が似合う貴公子キャラだと思ってたんですが、違うの?

みりおアルマンがどストライクに好みなので、

あんな感じのせおっちが見られるの〜?♡

と楽しみにしていたら、まさかの熱血キャラ!

なので、安定のせおっち!

目が点‥その後爆笑!(どーゆー意味だか‥)

 

みりおアルマンは

ギロチンにかけられて当然だ!」

の台詞で、おいおい人格変わっとるで‥と思ったけど、

せおっちアルマンはイタリアかスペインの血でも輸血されたのかってくらい熱い!

でもへなちょこ(^^;

ショーヴランを返り討ちにしそうな雰囲気はあるけどな‥

相変わらず口は軽いし‥(それは台本)

 

アルマンは割とすぐにキスするけど、チュッなんてカワイイもんではなく、

ガバァッといくので、アルマンがマリーにキスするところは当然オペラでガン見♡

 

マリーのくらっちがめちゃめちゃ可愛い!

職場のヅカ仲間Hさんが「あの子、雑だけど上手いよね‥」

と言っていたのが的確にくらっちを表現していて、激しく同意しましたが

(比較対象が「伯爵令嬢」や「ドン・ジュアン」ってところがまぁ、アレですが)

今回のマリーはひたすら綺麗で可愛くて、

せおっちがいろんなところで一方的にデレデレしているのを見るにつけ

愛されていると女性は美しくなるな‥と思わされますわ、ホンマに!

←なんで投げやり‥

 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html