読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

年度末の衝撃!月組 新斗希矢 退団!

 

 

「グランドホテル」の大劇場千秋楽の後、燃え尽きてブログをほったらかし、宙組星組も観たくせに感想も書かず、小学生以来改善されない日記を書けない三日坊主再来かと思っていたら、衝撃の情報が入ってきて目が覚めましたわ‥

 

 

 

月組 新斗希矢 退団

 

えええええ~!

 

はぁぁぁぁぁぁ~!

 

意味がわからないんですが‥(T_T)

なんなの‥なんなの‥‥

アーサー王伝説」のときにあまりのスタイルの良さにビビリ、なんだ~この凪七瑠海をウニョ~ンと伸ばしたような綿棒みたいな子は‥と注目し、「グランドホテル」でも頑張って探し‥

‥とはいえ、見つけられたのは軍人役くらいか‥

いかにもタカラヅカ♡な雰囲気と独特の個性的なルックスを併せ持っていて、これからどんな男役になっていくのか楽しみだな~と思っていたので、残念(T_T)

 

新しいことを始めるならスタートは早い方がいいと思いますし、どこかでまた姿を見られるのではないかな‥と期待しています(^^)

トッキ―ヤの未来に幸多からんことを♡

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

「宝塚レビュー’90」嬉しいやら懐かしいやら‥

 

「素敵☆夢のひととき」(←このタイトルだけはどーにかならなかったのか)で、あまりにも変わっていないシメさんを見て久しぶりに見たいなーと思った「宝塚レビュー’90」

レジェンドとか形状記憶とか愛と尊敬と畏怖を込めて色々言われてはりますが、あの変わらなさ具合は凄いとしか言えない(^^;

宝塚愛に溢れたお話の内容が現役の頃と全くブレていなくてそこに感動して泣く、めんどくさいファン‥それは私(^^;

シメさんはホントに来世も宝塚に入ってトップになると思う!

ちょうど宝塚にはまった頃に関西テレビで放送していた「宝塚 花の指定席」の録画をリピートしまくり、巻き戻しが終わった衝撃でホントにテープが切れた!

ビデオテープって擦り切れるを通り越すと千切れるんですよ、知ってました?

カセットをネジを外して開けてセロハンテープでくっ付けて、まだ見る‥いったい何回くらい見たのやら‥(^^;

 

色使いが今のショーには無い雰囲気

エジプトの群舞は星組っぽくていい!

技術は拙いのに群舞の迫力は最高!ハッチさんがオラオラしていてどこにいても目立つ♡

ショーボートのレトロな雰囲気、好き

娘役が目立つ場面が多くて華やか~

レコード盤の場面を再演してほしいな‥

ネッシーさんみたいな独特の上品さを持っている人って最近いない‥(T_T)

フィナーレのシメさんの金髪に紺のベルベットのタキシード、「男装の麗人」という表現がぴったり♡

男装の麗人」と呼びたい男役はシメさんしかいないかもしれない

トップ娘役がセンターのラインダンス、いいなぁ♡

シギちゃん可愛い♡隣にヒロさんが~♡ヒロさんチャラい ♡

ネッシーさんとシメさんがハンドマイクで歌っていたことは結構衝撃(忘れてた)

旧大劇場はワイヤレスマイクが6本だったか8本だったか‥絶対にマイクが必要な人が使うとああなるのね〜

銀橋のカーブが無いのも旧大劇場だな〜と思った

エトワールのコケシちゃん(花愛望都)声が綺麗♡やっぱりエトワールはこうでないと♡

フィナーレの羽根がホントに背負い羽根でランドセルだった事も衝撃(これも忘れてた)

そうやったそうやった~(^^)

 

古くさく感じるかな〜と思いながら見たけど、そうでもなかった

もの凄く肩張ったツナギとか衣装のシルエットには時代を感じるけど、基本的なことは変わってないな‥

 

VHSはまだ残してあるけどビデオデッキを繋ぐのも手間だし、もう一回見たいと思っていたのでスカステ様ありがとうございます!

ディスクに落として永久保存決定♡

小原先生のショーなら「ザ・フラッシュ」も放送してほしいです、スカステ様♡

よろしくお願いします♡

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html

「グランドホテル」 リアルとファンタジーのバランス

 

 
ちゃぴのマダム感が素晴らしい♡
男爵の年齢が29歳と聞いた時の息を飲む感じとか超リアル(^^;
実年齢はまだ若いはずなのに、どうしてあんなに微妙なおばさん心女心がわかるのか‥
役者って凄い!
 
たまきちとちゃぴなら10歳差くらいがマックスかな‥
実はもっと離れていたりして(^^;
本当に29歳なんだけどグルーシンスカヤが引いてるから29ヶ月!と付け足した
本当は42歳よりも上なんだけど、ギリ10歳違いなら!とサバ読んで39歳!と言ってみて罪悪感から39ヶ月と付け足した!とかね‥
アラフォーは複雑なんだよ!
女の子なら何人か知ってるが女性となると‥なんて言われたら、全盛期より衰えていても自分の人生を認められた喜びで勢い?も付くだろうし(こらこら)
 
男爵とグルーシンスカヤが脇役(?)ならラファエラがなんとか誤魔化し続けたんじゃないか、という無理矢理なファンタジーが(私の頭の中では)成り立つんです‥
しばらくはラファエラに
「あの方は駅で待っていますよ」
「あの方は客席にいらっしゃいますよ」
とごまかされながら踊ってそう
ファンタジーなので、グルーシンスカヤ馬鹿?とか言わないよーに
 
身も心も健康なら「愛しています」と言ってくる10も歳下の男なんて一笑に付して相手にしないだろうけど、ノーアンコールに傷ついてぼろぼろの精神状態だったエリザヴェッタがこのガキ男怪し過ぎるぜ‥と思いながらも、男爵との一夜の恋に縋り付いた気持ちは理解できる
冷静になって現実的に考えれば、10も歳下の男が自分のために駅で待っているなんて有り得ない‥結局本気ではなかったのね、と男爵のことは忘れて(違うな‥)封印して(?)いい思い出にして元の生活に戻っていくのかな‥
身も心も健康なら‥という条件付きになるのが悲しいけど
でも、グルーシンスカヤってプロ意識はあり過ぎるほどあるし、カンパニーの人達のギャラを払わなくてはいけない!という責任感もあるし、そのあたりは妙にリアルに描かれてる 
人生の中にキラキラ輝く思い出があれば、女性はそれを思い出しながら生きていける生き物なので、案外強く逞しく踊り続けそうな気もする
 
リアルな感情を想像してしまうけど、それでも「金色の砂漠」より私には「グランドホテル」の方がファンタジーでした
さぁ!次はいつ観に行けるかな~♡
 
 

男爵がかわいいと思うのは‥

 
 
 「エリザベート」初演のときの、トップのサヨナラ公演が死神の役なんて!と同じかそれ以上に、トップのサヨナラ公演が死にかけの病人の役なんて!と言われていた事とか、 宝塚ではキラキラしたものを観たいのに、現実的な病気とか死とかがテーマの作品なんて観たくない!とか、色々言われていたのを思い出しました‥
でも、今回の男爵主役バージョンを観ると、やっぱりグランドホテルの主役はオットーだと思います
たまきちに死にかけの病人の役なんて振れないので(^^;今回の配役はこれが正解なんでしょう!
なんで今「グランドホテル」?‥とか言っても仕方がないので観たままの感想です
 
パリへ旅立つオットー主役バージョンの方が希望もあるし、ファンタジーなんですね
パリでフラムシェンは子供を産んでオットーを看取って、その後は戦争が始まるのでファンタジーだの希望だの言ってられなくなりますが‥
最後に白い衣装のデュエットダンスがあったところで、男爵は死んでるし、グルーシンスカヤは生きてるし‥
あれでは男爵は赤いバラを持って永遠にグランドホテルをさまよう地縛霊ではないか‥
 
初演を観た時に一番理解できなかったのが男爵でした
私が子供(高校生)だったのと、演じていたのがのんちゃん(久世)だったので、唐突な愛の告白がホントにコソ泥を誤魔化すための言い訳にしか見えなくて、そんな事態になったら男はそれなりに綺麗な女ならやっちゃうでしょ!(こらこら)と思ってしまったんですよね(^^;←ひねてる‥
のんちゃんのそれまでにやった役が、「ベルばら」のアラン、「銀の狼」のジャンルイ、「パック」のダニーだったので、それに影響されて男爵=悪役の思い込みがあったのもあるかも‥
それから、美弥ちゃんと同じくらいオットーしか見ていなかったのもあります(^^;
 
ナウオンステージを見てから観劇すると細かい役作りも成程‥と思えるけど、ナウオン未見だと人物を全部理解するのは難しい‥
彼の背後にある育ちの良さや生まれ持っての人の良さ、戦争経験や借金を抱えた経緯を全部頭に入れて観劇するのか‥?
オットーに部屋の鍵を渡すところで親切にしてあげた割にオットーの感動っぷりに引いているのは、初演の時も印象的だったような‥
CD聞きまくったので、音楽だけは脳内再生できるくらいだけど映像は残ってないからな~‥
観ている時は、たまきちの男爵かわいい~♡スタイルいい~♡足なげー!うおーー!生着替えー!(おい)ぐらいしか考えてないし‥(^^;
すねたように「僕はジゴロじゃない!」って言うところがホントにかわいい♡
あれは背中から抱きしめたくなるわー!
初演の時は悪役?と思った男爵をかわいいと思うのは、私が歳をとったからか‥?
 
今回のグランドホテルでファンタジーを強く感じたのはグルーシンスカヤでしたが、長くなるので次へ!
 
 

「カルーセル輪舞曲」感想‥

 

 
ぶっちゃけ、ど真ん中で好みのショーではない(-""-)
稲葉くん、自作の二番煎じに陥るにはまだ若いんでないかい?
あれとあれとあれを切って貼って繋いだ感は満載です
初日S席(端っこ)2回目B席で観ましたが、ところどころ記憶がない‥BSの放送を見ていても、同じところで眠くなる〜
 
プロローグのお馬さんイメージの鬘は嫌いではない
似合っている人はおらんかったが‥‥強いて言えば、美弥ちゃんくらいかな
妙な被り物を着けて笑顔炸裂で踊るなんて、タカラジェンヌくらいしかいないな~
問題なのは一番似合っていないのがたまきちってことだよ!怒
月組らしいショーなんだけど、全体的にメリハリがなくて、これ!というお気に入りの場面が無いのが残念
何回か見たら好きな場面ができるかな‥
ちゃぴのふくらはぎの筋肉が素晴らしすぎる!とか、この振りが好き!な瞬間とかはいくつかあるんやけど~(^^)
 
初日はロケットで一列に並んで脚上げをする直前に前で踊っていた4人の一番上手側にいた子が、自分の入る位置を間違えるハプニング!
客席で観ていたときは手に汗握ったけど、映像で見ると上手側の子が「あんたこっちやで!」とばかりに正しい場所にグイッと誘導していて、すごい!逞しい!笑える!
「宝塚幻想曲」の時もさくらの場面で娘役さんがスカートを踏んでコケッとなってたけど、NHKの収録って鬼門なの? 
 
黒燕尾でたまきちが出てきた時の安心感&安定感‥
やっぱり黒燕尾いいな♡
結婚式に出席しているお父さんみたい(新郎じゃなくて?)
ちゃぴをリフトするところも、初日は軸がブレブレだったけど、一週間たったら安定してました
BSでリフトを見ていた母(タカラヅカに興味なし)がやのに大変やなぁ‥‥あ、って言おうとして間違えた‥」‥だそうです
たまきちがあまりにも逞しすぎて、脳内で性別を処理しきれなかった模様‥(^^;
 
初日、大階段を降りてきて立ち位置をしっかりと確認して中央に立ったときになんとも言えない初々しさと言えばいいのか、この瞬間は今しかないんだな‥としみじみと感じました
舞台化粧のどアップは好きではないけれど、最後に心底ほっとしているたまきちの顔をアップにしてくれたNHK様、ありがとうございます♡
 

美弥ちゃんのオットーが素晴らしかったー!

 

 

12月31日まで仕事、1月2日から仕事‥(-""-)

自分で選んだ仕事ですが、毎年毎年「お正月?なにそれ美味しいの‥?」‥(^^;

ちゃんと(元旦に着くように)年賀状を書くとか、初詣に行くとか、メリハリをつけてお正月らしい雰囲気を自分で味わえばいいんでしょうが‥(耳が痛い‥)

月組子は年末お稽古して元日から働いてるんだから、オイラも頑張る!

劇場ロビーで鏡開きを見て振る舞い酒を頂き、開演アナウンスで「明けましておめでとうございます」と言われて、ちょっとだけお正月気分になれました

 

というわけで(どういうわけで?)月組初日観てきましたー!

割と前方の席でしたが端っこだったので、グランドホテルを覗き見している感じで気分は家政婦(^^;

赤い椅子が並んでいるのを見て「ああ!これこれ!」と初演を思い出しました

フォーメーションを楽しむなら2階から観る方がいいのかなぁ‥

 

なんだかたまきちが垢抜けている‥

凄く良かったんですが、まだ伸び代が一杯ありそうなので男爵については次回に(^-^)

 

美弥ちゃんのオットーが素晴らしかった!

全体的に初日でこの仕上がりなら、最終的にどうなっちゃうの?とおもうくらいだったけど、美弥ちゃんはその中でもひとつ上のステージに行っちゃってる‥

どうしても初演と比べてしまうけど、美弥ちゃんのオットーはかなめさん(涼風)のオットーよりも病気が重くて、もう自分は明日にでも死んでしまうと思ってグランドホテルに来ている感じ

でもチャーミングなおじさんで、一(いち)言えば十解るような頭のいい人だから貧乏くじも引いただろうけど、今までまったく人生を楽しんでこなかったわけではなく分相応に生きてきたんだろうな‥と思わせてくれる

フラムシェンにダンスを教えてもらっているときのへっぴり腰が超かわいい♡

一瞬で踊れるようになっているのはご愛敬‥(^^;

チャールストンが圧巻!みやちゃんの身体能力とたまきちの足の長さと月組の底力を堪能しました!ブロードウェイミュージカルをやると必ず出る感想ですが‥「こんな事も出来るのに普段(オリジナル)はなぁ‥」とまた思ってしまいました‥

 

かなめさんは(主役だから、という事情はあるが)もっとリアルで生々しかったような気がする‥

フラムシェンに「一緒にパリへ‥」「私はまだ生まれたての赤ん坊を見たことがない‥見るのが楽しみだなぁ‥」と言ったときに少し笑いが起きていたけど、ここで笑いが起きるのが美弥ちゃんのオットーのキャラクターなのかも(^^)

 

かなめさんのファンで、「PUCK」のお稽古のときにダニーに感情移入できないと言っていた美弥ちゃん(^^)

かなめさんの前でオットーを演じるのは緊張は当然するだろうけど、楽しいだろうな‥と宝塚ファンだった少女の頃の美弥ちゃんを想って、泣くような場面ではないのに何度か涙が出てきました

あの時間、劇場に居られたことがとても幸せでした♡

見られる限り通いたいと思います! 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html

2017 観劇初め 月組初日!

 

 

明けましておめでとうございます

好き勝手なことを書き散らかしているブログですが、読んで下さる方がいらっしゃることに驚きつつ、今年も続けていきたいと思います

 

さて、、、

今日はいよいよ月組初日!

たまきちのお披露目を観てまいります!

行ってきます!

 

身だしなみを整えなくては!と顔の産毛を剃り、左頬に傷をこさえました‥

なんで普段はさぼっているスキンケアをきちんと‥ではなくそっちへ行く‥(^^;

ええ歳の大人が顔面に切傷‥

 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html