読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

もう終わっちゃうの⁉宙組 「エリザベート」

 

 

もう終わってしまう‥はやい‥一ヵ月がはやい‥(T_T)

ロングランで三ヶ月くらい続けてやってくれへんもんやろか‥(T_T)

来週には星組 が始まるなんて、、、嘘だー!(T_T)

 

トート(朝夏まなと

まぁさまの歌い方になっていた‥

まぁさまってタ行の発音に特徴があるので、それが気になって仕方がない

存在感はあまり無い‥いや、無いわけないんだけど作品世界に馴染んでいて、気がついたらそこにいる感じ

エリザベート(実咲凜音)

みりおんの歌い方になっていた‥自分が歌いやすい歌い方になっていた‥

‥ということは、私の苦手な声で歌うシシィになっている(T_T)

でも歌える人なので気持ちよく歌って我が道を突き進む感じが、シシィらしさと重なっていて良かったかなとも思う‥(特に後半)

「私だけに」

終盤の「わたーしだーけにー♪」を聞いたときに、最後の「わたしにーーー♪」は出るのか⁉と心配になったけど、余裕で出てましたね

「わ・た・し・にゃーーー!」って歌ってる人、結構いてるでしょ⁉

みりおんは「わたしにー♪」と歌うので、やっぱり上手いなと思う

「私が踊るとき」

この曲って、喧嘩するような雰囲気で緊張感みなぎらせて歌うイメージがあったのに、まぁさまとみりおんは‥‥‥ラブソングでした(^^;ありなのか‥?

フランツ(真風涼帆)

「歌劇」の座談会で小池氏が、(トートは)フランツをすぐに殺してしまえばシシィが手に入るのに、お爺さんになるまで生かしている‥と話していて、なるほどそういう解釈の仕方があるのか、と

トート閣下、恐い‥

フランツの方こそ死なせてもらえなくて、息子は死に妻は死に、80歳過ぎて帝国の落日を見るまで生かされているのか‥その上、甥のフランツ・フェルディナンドも暗殺されて第一次世界大戦が始まる‥

可哀そうなフランツ

全曲丁寧に歌っているのは変わらず、二幕までずっと若くてハンサムな皇帝でした

最終答弁でいきなりイケメンオーラ全開になって、色気ダダ漏れ

30秒前までじじいだったくせにー!(^^;

ここのフランツは皇帝ではなくて、トートと対決する一人の男になっていいから、思いっきりやっている(^^)

そこからフィナーレまで、ただのイケメンでした♡

なんなら一幕をゆりかちゃん、二幕をみっちゃんの役替わりでお願いしたい♡

ルキーニ(愛月ひかる)

こってりと濃いーくなっていた!

歌も安定していて不安なところは無く(^^)

ライトが当たらなくなってから袖にはける時の走り方がめちゃくちゃかっこよかった!

ちょっと猫背気味で、野生動物ぽいな‥と思ったら、ハイエナのイメージって本人言ってるやん!

 二幕冒頭アドリブ(^^)

「今日は俺が誰をいじるか、みんなわかってんだろ~」(客席、笑&拍手)

「上手にいるのは花組でルキーニを演じた望海風斗さん!」

「なんで今日はボーダー着てこなかったの~?」

 一緒に写真を撮られていた美女(娘役さん)は誰だかわかりませんでした(台詞はニュアンスです)

ルドルフ(澄輝さやと)

シシィよりもフランツに似てるルドルフ‥(そうなると僕はママの鏡‥にならないけど)

堅実で優秀な皇帝になれそうな皇太子が時代に翻弄されて身を滅ぼしていくような‥

フランツが先祖から受け継いだものを何も変えずにそのまま引き渡そうとしているのに、それを変えようとするルドルフ

優秀な皇太子である息子がどうして革命なんて起こそうとするのか理解できない、と言いたげなフランツのルドルフを見る目が悲しそうで、切ない

この親子の理想の国は同じところにあったんじゃないかな‥と思える、今までになかった皇帝父子でした

 

まだ、続く‥かも‥です( ̄▽ ̄)