読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

「桜華に舞え」 サヨナラ公演がみっちゃんの代表作!

 

みっちゃん(北翔)に代表作ができました!よかった♡

「THE MERRY WIDOW」「風の次郎吉」はもちろん代表作ですが、大劇場では再演の「ガイズ&ドールズ」とオペレッタをアレンジした「こうもり」

トップになったからには、大劇場作品で代表作が欲しいですから(^^)

 

サヨナラ公演ぽくない‥

もちろんサヨナラ公演らしい演出はあるけれど、そのことを知らない人が観ていても違和感がないと思う

見事なくらいあっぱれなサヨナラ仕様だった「NOBUNAGA」と比べると、お芝居観たな!と思う

ほらほら泣け泣け!と言われていることに変わりはないけれど、サヨナラ仕様で泣かされているというより、お芝居で泣かせにきています

どちらも好きです

サヨナラ公演は駄作、というジンクスが翻るといいなぁと思います、切に!

奇をてらわずに気持ちよく当て書きにしてくれたら、そのまま名作になるんだ!ということがよくわかる作品でした(^^) 

 

大らかでリーダーの素質があって、みんなに慕われて‥てみっちゃんそのものやん!

佇まいと殺陣の美しさ、和装も洋装も似合っていて、みっちゃんの良いところが出せる役に巡り合えたことに感動!

こと切れた利秋を抱きかかえて「よう頑張ったな‥痛かったな‥」と号泣する隼太郎

ここで涙腺大崩壊 (T_T)もうちょっと泣きを抑えめにしてほしい部分はあるけど‥(^^;

そして、みっちゃんとべにこが親友に見えることにびっくり!

敵役をすることが無く、三作とも親友というか悪友の間柄だったのも珍しいように思うけど、ちえちゃんとだったら親友には見えなかった(ベンヴォーリオは頑張ってたけど)

普段の関係が多かれ少なかれ舞台に影響するなら、下級生の頃から仰ぎ見てきた人とある程度の学年になってから関わるようになった人とだと、やっぱり関係性が違うのかな‥

 

かごんま弁は内容を理解することに関して、困ったことはありもうはん

なに言ってるのかわからないところもあるけど

むしろ、よく短期間のお稽古でここまでやったな‥という感じ

ただ、ネイティブの鹿児島人の方たちには‥どう見えているのか‥(^^;

だって、関西人以外の関西弁‥変やもん‥(^^;

 

 

http://www.blogmura.com/ranking.html

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1uljc3dvjsp7