lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

男爵がかわいいと思うのは‥

 
 
 「エリザベート」初演のときの、トップのサヨナラ公演が死神の役なんて!と同じかそれ以上に、トップのサヨナラ公演が死にかけの病人の役なんて!と言われていた事とか、 宝塚ではキラキラしたものを観たいのに、現実的な病気とか死とかがテーマの作品なんて観たくない!とか、色々言われていたのを思い出しました‥
でも、今回の男爵主役バージョンを観ると、やっぱりグランドホテルの主役はオットーだと思います
たまきちに死にかけの病人の役なんて振れないので(^^;今回の配役はこれが正解なんでしょう!
なんで今「グランドホテル」?‥とか言っても仕方がないので観たままの感想です
 
パリへ旅立つオットー主役バージョンの方が希望もあるし、ファンタジーなんですね
パリでフラムシェンは子供を産んでオットーを看取って、その後は戦争が始まるのでファンタジーだの希望だの言ってられなくなりますが‥
最後に白い衣装のデュエットダンスがあったところで、男爵は死んでるし、グルーシンスカヤは生きてるし‥
あれでは男爵は赤いバラを持って永遠にグランドホテルをさまよう地縛霊ではないか‥
 
初演を観た時に一番理解できなかったのが男爵でした
私が子供(高校生)だったのと、演じていたのがのんちゃん(久世)だったので、唐突な愛の告白がホントにコソ泥を誤魔化すための言い訳にしか見えなくて、そんな事態になったら男はそれなりに綺麗な女ならやっちゃうでしょ!(こらこら)と思ってしまったんですよね(^^;←ひねてる‥
のんちゃんのそれまでにやった役が、「ベルばら」のアラン、「銀の狼」のジャンルイ、「パック」のダニーだったので、それに影響されて男爵=悪役の思い込みがあったのもあるかも‥
それから、美弥ちゃんと同じくらいオットーしか見ていなかったのもあります(^^;
 
ナウオンステージを見てから観劇すると細かい役作りも成程‥と思えるけど、ナウオン未見だと人物を全部理解するのは難しい‥
彼の背後にある育ちの良さや生まれ持っての人の良さ、戦争経験や借金を抱えた経緯を全部頭に入れて観劇するのか‥?
オットーに部屋の鍵を渡すところで親切にしてあげた割にオットーの感動っぷりに引いているのは、初演の時も印象的だったような‥
CD聞きまくったので、音楽だけは脳内再生できるくらいだけど映像は残ってないからな~‥
観ている時は、たまきちの男爵かわいい~♡スタイルいい~♡足なげー!うおーー!生着替えー!(おい)ぐらいしか考えてないし‥(^^;
すねたように「僕はジゴロじゃない!」って言うところがホントにかわいい♡
あれは背中から抱きしめたくなるわー!
初演の時は悪役?と思った男爵をかわいいと思うのは、私が歳をとったからか‥?
 
今回のグランドホテルでファンタジーを強く感じたのはグルーシンスカヤでしたが、長くなるので次へ!