lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

「グランドホテル」 リアルとファンタジーのバランス

 

 
ちゃぴのマダム感が素晴らしい♡
男爵の年齢が29歳と聞いた時の息を飲む感じとか超リアル(^^;
実年齢はまだ若いはずなのに、どうしてあんなに微妙なおばさん心女心がわかるのか‥
役者って凄い!
 
たまきちとちゃぴなら10歳差くらいがマックスかな‥
実はもっと離れていたりして(^^;
本当に29歳なんだけどグルーシンスカヤが引いてるから29ヶ月!と付け足した
本当は42歳よりも上なんだけど、ギリ10歳違いなら!とサバ読んで39歳!と言ってみて罪悪感から39ヶ月と付け足した!とかね‥
アラフォーは複雑なんだよ!
女の子なら何人か知ってるが女性となると‥なんて言われたら、全盛期より衰えていても自分の人生を認められた喜びで勢い?も付くだろうし(こらこら)
 
男爵とグルーシンスカヤが脇役(?)ならラファエラがなんとか誤魔化し続けたんじゃないか、という無理矢理なファンタジーが(私の頭の中では)成り立つんです‥
しばらくはラファエラに
「あの方は駅で待っていますよ」
「あの方は客席にいらっしゃいますよ」
とごまかされながら踊ってそう
ファンタジーなので、グルーシンスカヤ馬鹿?とか言わないよーに
 
身も心も健康なら「愛しています」と言ってくる10も歳下の男なんて一笑に付して相手にしないだろうけど、ノーアンコールに傷ついてぼろぼろの精神状態だったエリザヴェッタがこのガキ男怪し過ぎるぜ‥と思いながらも、男爵との一夜の恋に縋り付いた気持ちは理解できる
冷静になって現実的に考えれば、10も歳下の男が自分のために駅で待っているなんて有り得ない‥結局本気ではなかったのね、と男爵のことは忘れて(違うな‥)封印して(?)いい思い出にして元の生活に戻っていくのかな‥
身も心も健康なら‥という条件付きになるのが悲しいけど
でも、グルーシンスカヤってプロ意識はあり過ぎるほどあるし、カンパニーの人達のギャラを払わなくてはいけない!という責任感もあるし、そのあたりは妙にリアルに描かれてる 
人生の中にキラキラ輝く思い出があれば、女性はそれを思い出しながら生きていける生き物なので、案外強く逞しく踊り続けそうな気もする
 
リアルな感情を想像してしまうけど、それでも「金色の砂漠」より私には「グランドホテル」の方がファンタジーでした
さぁ!次はいつ観に行けるかな~♡