lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

まぁさま退団に寄せて…

 

 

タカラヅカニュースで宙組東京千秋楽の様子を見ました…

私はほとんどの場合、トップスター退団の千秋楽の様子はその人への思い入れの大小に関わらず見ることができないヘタレなのですが、まぁさまなら多分底抜けに明るいだろうから見られるのでは…と思いまして…

20年前のように、千秋楽の詳しい様子など知る術もなく次の公演を観に行ったら二番手だったスターさんがトップになっている…という時間の流れ方が私には合っているんです…昭和な人間ですいません…(^^;

 

10月末に観た時はまだまだやれる!と思っているようで切なくなりましたが、千秋楽のやりきった清々しい笑顔を見ているとそれは感じなかったし、真風を呼んででっかい口あけて豪快に笑ってるまぁさまを見て泣き笑いしています

完璧な男役トップスターだったと思います♡スタイル抜群、歌、ダンス、芝居は破綻なくリーダーシップがあり太陽のように明るくて、先輩からは信頼され後輩からは慕われ懐かれて♡

私は男らしい男役が好きなので(リアル男子に見えるのとはまたちょっと違う)ど真ん中に好みのスターではなかったのですが、この人の中にはドロドロしたものや嫉妬の感情はあるのかな…と思うくらいいつも笑顔のまぁさまはスターの理想像です♡

ドロドロした部分を見せずにキラキラの美しいところだけ見せるのも含めてトップスターの…というよりタカラジェンヌのお仕事だと思うので、あまり苦労話をしないところもプロだなぁ…と思います

宝塚歌劇団はもちろんプロの演劇集団で、彼女たちは訓練されたパフォーマーなのだけど「隣の綺麗なお姉さん」と感じさせる部分があって、それが親しみやすさにも繋がるし、ちょっとくらい技術が拙くても受け入れてしまうファンの甘い愛にもなる
親しくなれそうな勘違いに繋がることもあるから見せ方は難しいでしょうねぇ…(^^;

 

トップになってからの上達ぶりは素晴らしかったですが歌は決して上手くないし、ダンスはバレエ寄りだし(好きなのはTHEタカラヅカ!な男役のダンス…バレエ寄りの男役のダンスで好きなのは大浦みずきさんとまぁさまだけ♡)印象に残る芝居をするけれど、どっちかというと棒だし(神々の土地は特にズシンときましたが)

褒めてるんだか貶してるんだかわからなくなってきましたが…(^^;

「TAKARAZUKAこだわりSELECTION ダンサー」を見ていたらナツメさん(大浦)は出てくるは、あさこさん(瀬奈)は出てくるはまぁさまは出てくるは…で、よくわからないけど涙は出てくるは…月組!たまきち!れいこ!と叫ぶブログを「TOP HAT」のDVD見ながら書いているあたり、かなり情緒不安定でしょ…(^^;←だから書くのが遅い…

花組はあまり観ていなかったので宙組に組替えになってからのことしかわからないし、二番手の時に二番手らしい役をあまりやらせてもらえなかったので、お披露目の「王家に捧ぐ歌」を観た時に、真ん中が似合う人だなぁ…とかなり驚きました

「Amour de 99!!」の中詰めで(凰稀さんがダルマのところ)で一人だけ手をビラビラさせて踊ってるのを見た時に、当時あっさりめだった宙組の中で花組子っぽい濃さがあって好き♡ってなったし、映像でもまぁさまの掌ばっかり見てます(^^)お芝居の方の超ゲスな悪役も好き♡

宝塚ファンになりたての頃から花組にはお洒落な組というイメージがあって(当時のトップがナツメさんだった影響はかなりあります)花組ファンになってはじめて宝塚ファンと言えるんだ!と思っているところがあったのですが、どー頑張っても花組にハマることができず(^^;ずーーーーーっと月組ファン(^^)今欠かさず花組を観ているのはみりお(明日海)がトップだから…というのが大きい…だから「だいもん♡だいもん」とうるさいけれど、それも雪組に組替えになってからの話…(^^;

 

うらら嬢の最後のご挨拶…美しい言葉で話す人ですね…(T_T)

お歌が云々…というのはありますが、普通にトップ娘役になるべき人だったと思っています…みりおん(実咲)単独で組んでいるよりもうらら嬢が絡んでくる方がまぁさまがかっこよく見える♡…誤解を恐れずに言ってしまえば、みりおんと組んでいた時以上に最後にまぁさまが男になった

音楽学校受験の第一条件「容姿端麗」を誰にも文句を言わせないレベルでクリアしているのに、それを生かしきれなかったことには怒りを感じます

 

愚痴を言っても詮ないことです…皆さん、すぐになにかしらの活動を始めてくれそうなので楽しみに待ちたいと思います(^^)

 

 


   http://www.blogmura.com/ranking.html