lapin paradis

宝塚観劇歴約25年、大声で呟く独り言(^^)

「天は赤い河のほとり」感想

 

 

ミックス28巻分を1時間半にまとめるのは難しいだろうから、どこかのエピソードを抜粋するかな~と思っていたら最初から最後までやるというので、どーするのかとしなくてもいい心配をしていたら、あれとこれをくっつけて、あの人とこの人をくっつけて、ここはばっさり、説明セリフでサラッと…とうまく作ったな~というより「…すげーな…」と思いました

それでも一本物だったらもっと…と思うところばかりですが、めんどくさい原作ファンの感想…行きます!

 

カイル・ムルシリ 真風涼帆

ザナンザに攫われては真っ裸にされ、マッティワザに攫われては真っ裸にされ、ラムセスに攫われては真っ裸にされるユーリ…(^^;

ひたすら攫われては真っ裸にされるユーリをひたすら助け出し続けるカイル…の部分がまったく無くてカイルがどうして魅力的なのかが全く分からない状態なので、これは原作を知らない人はどう思うんだろ…とやっぱり心配になる(^^;うん、かっこいいことはわかってるけどさ…

カイルのイメージは赤、ザナンザはオレンジだったので水色とピンクで並ばれた日にゃどーしよーかと思ったのですが…いやー…お化粧が褐色ぽいせいもあるけど、それにしても真風…水色似合わねーなー(^^;

ユーリ・イシュタル 星風まどか

一番人を選ぶ役なので、まどかちゃんありきな演目だなぁ…と思う…誰にでもできる役ではないし、演技力で何とかなるものでもないので本当にまどかちゃんがいてくれて良かった…少女漫画のヒロインによくありがちな一歩間違うと全く支持されない危うい部分が多い性格のユーリをよくあれだけ原作に寄せて作れたな…と…まどか、恐ろしい子

ウセル・ラムセス 芹香斗亜

トップよりも二番手の方が魅力的に見える典型になった感じ(^^;実際ラムセスは魅力的なキャラクターだしキキちゃんはハマってるし、ちょっとセリフ回しや説明セリフが気になるところはあるけど、それは私の頭の中で出来上がってるものがあり過ぎてこんな風に言ってほしい!という理想がありすぎるからなわけで…

マッティワザ 愛月ひかる

いつの間にか味方になってる…とさんざん言われているマッティワザ(^^;ウルヒがサラッと言ってるんですよね…でもなかなかあれだけではわかってもらえないだろーなー…ビジュアルは最高!さすがに原作ファンなだけあって、細かいところまでよく作りこんでるわ

ザナンザ・ハットゥシリ 桜木みなと

ザナンザ出すんだ♡←…めっちゃ喜んでる(^^)ずんちゃんがやるんだ♡←…めっちゃ喜んでる(^^)

「あなたを兄上に帰さなければ…」を言ってほしかったけど、あの流れでは唐突だよなー…あーやっぱりザナンザ好きー!

ウルヒ・シャルマ 星条海斗

出演が決まった時点で、「あ、マギーさんウルヒだな」と直感で思ったものの、できればマッティワザをやってほしかった!なんというか…ウルヒには生命力がありすぎるんですよね…マギーさん(^^;

 

最初は幕開きから、カイルを追いかけるスゴツヨのお姫様(←違う!)のナンバーや臣下たちのお芝居やらを観ている間ずっと「そんなことしてたら時間が無くなる!はやく話を進めてー!」と余計な心配ばっかりしていたので、あんまり楽しめなかったのが正直なところ(^^;

ナキアとネフェルティティのエピソードを入れたくなる気持ちはわかります…ただの悪女ではなく環境が彼女たちをそうさせたことは間違いないわけですし…でも、この作品の中では単純な悪役にしたほうが良かったかも…(^^;そこに時間を割くよりも主要人物のエピソードをしっかり描いてほしかった

原作でも初期のナキアはいかにも邪悪な感じだし乳めっちゃ強調してるし篠原先生の中でもキャラクターは定まっていない感じがしていて、終盤に向けて思い入れが変わっていったようなので、最初の頃の魔女っぽいキャラクターのままの方がメリハリがついたかも…

ネフェルティティもあの胸像のエピソードは好きだし、本当にそうだったのかも!と思える位感動したけれどこちらも、エジプトのラスボス的存在にしてしまった方が良かった…

ただ、澄輝さやと氏だとあまりラスボス感が出ないんだなー…細すぎて豪華すぎる衣装に着られてしまっていて(^^;どうせ「王家に捧ぐ歌」の衣装を使いまわすのならユーリが着ていた白い衣装の方がネフェルティティのイメージに合うんだけどな

 

ナウオンでずんちゃんが歌舞伎芝居にしないと感情がついて行かない、と言っているのを聞いて「ベルばらだと思ってみればいいのか!」と気づかせてもらい、ベルばらは舞台が最初で原作を読んだ方が後だったので、あれはあれこれはこれで楽しんで原作の切り張りも気にならなかったので、宝塚歌舞伎だ!と思って観た二回めの観劇では楽しんで観られました(^^)

 

 

 http://www.blogmura.com/ranking.html